FC2ブログ

年子mamaのダイアリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
遠足
遠足シーズン到来。子供達の幼稚園は全園児で須磨水族館に行ってきました。私はお手伝いのために同行してきました。


CIMG4387.jpg




















暑いくらいの良いお天気に恵まれた遠足。

園児をトイレに連れていったり列を乱している子がいないか注意するというお手伝い。大変だったけれど、「○○のお母さん~」とどんなことでも話しかけてくれる子供達はかわいかったし、思ったより注意しないといけないことをする子がいなくて、「みんなかしこい♪」と関心しました。おおらかな先生の性格が影響してか、子供もおおらかな子が多いように思え、「こんなよいクラスでお世話になっているんだぁ」とうれしくなって帰ってきました。最後に「お母さん、ありがとう」と言ってくれたのもうれしかった♪そして、それをなぜか自慢げにそれを見ているわが子(笑)。



イルカショーもみれたしね♪




スポンサーサイト
終業式
今日は幼稚園の終業式でした。


そして一年間お世話になったクラスとのお別れ。子供達は4月からひとつおねえちゃん・おにいちゃんになる。


急に給食を残そうとせず、みんなが終わっても残って食べるようになってしまった息子、どうやらおにいちゃんになるなら給食全部食べないと、というプレッシャーがあるよう。家では「○○くみになりたい」と年中のクラスの名前を言っているが、幼稚園では「ず~っと今のクラスでいい」とみんなといっしょに言っているそう。先生は「タロウくん、本当わかっているんですね」とすこしびっくりしていた。


一年間タロウをかわいがってくれた担任の先生は今期いっぱいで退職。いつも子供の話をするとき「こんなことをしていて・・・・・かわいいです」と愛情一杯に語ってくれた先生。息子の話をするとき、おじいちゃんやおばあちゃんに話をするような気分になってしまいそうなくらい、子供をかわいいと感じているのがひしひし伝わってくるような先生だった。息子のはじめての先生がこの人でよかった、大きくなっても心に残る先生だろうなといつも思っていた。



終業式とその後のクラス発表で涙を見せる先生。親たちも私を含め涙を見せる人がいたが、子供達ははっきりと理解していないのか明るい雰囲気のままだった。そのすがたがなんとなく不憫に思えたりしたのだけどのちほど先生がおっしゃっていた。


タロウくん、先生が話ししているとき、一生懸命涙をこらえているんですよ、と。


そんな態度を露とも見せない息子。でも聞いてみるとそれは間違いないようで、

「タロウねお別れ会(終業式?)楽しかったけど、でも寂しくて悲しかったな。先生とお別れ悲しいな」

といっていた。


はっきりと態度に示すことはなかったけど、きちんとお別れの意味を理解していたよう。成長したな、先生のおかげだなとまた思った。



一年間ありがとう!

ママといっしょがいい
CIMG1415.jpg



タロウのコップ入れの洗い替えがやっとできました。


このぞうさんの生地、やっと見つけたヨット以外の男の子っぽい、しかもキャラじゃない生地。息子よりも私のお気に入り。神戸のユザワヤで買ったのだが、これを店で見た友人が私がもっていると知らずに、「これかわいい」と言ったといううれしい偶然をもつ布。


ターコイズの山道テープ。私はオレンジにしようと思っていたのだが、息子にどっちがいい?ときくと「みずいろ」と答えたのでチョイス。なかなかさわやかねっ。





↑↓ランキング&blog検索できます


[ママといっしょがいい]の続きを読む
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。